忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/23 21:47 】 |
国芳と猫
江戸時代末期、老中水野忠邦による天保の改革で浮世絵も役者絵や美人画が禁止された。
これに反発した国芳は悪政に対して風刺を込めた浮世絵で精一杯の皮肉をぶつけ溜飲を下げた。
国芳は無類の猫好きで常に数匹、時に十数匹の猫を飼い、懐に猫を抱いたまま絵を描いたと言う。
家にはがあり、死んだ猫の戒名が書いた位牌が飾られた猫の猫の仏壇があり、
過去帳まであったという。

拍手[1回]

PR
【2012/02/19 09:41 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<竹下夢二の黒猫 | ホーム | スタンランと猫>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>