忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/23 21:48 】 |
ピカソの「ドラ・マールと猫」
一寸古い話に成るが、ピカソの絵が108億円で落札され世間が騒いだ。
その絵が「ドラ・マールと猫」だ。



正妻オルガとは険悪状態、恋人マリー・テレーズとも溝が出来始め、
そんなピカソ苦悩の時代に登場したのがドラ・マールだ。
画家であり写真家であり美術に深い見識を持ち、しかも、美貌聡明な彼女は当時の美術界を闊歩していたのだ。
例の「ゲルニカ」の制作過程を記録した事でも知られている。
ピカソの女7人の5番目の女だ。
そのドラ・マールもピカソと関わり合ってから遂に神経衰弱に陥り、
「泣く女」になったのだ。
■■■








拍手[0回]

PR
【2011/11/23 15:08 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<キジ猫 長谷川リン二郎 | ホーム | 猫と牡丹>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>