忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/23 21:48 】 |
猫と「ノルウエイの森」
村上春樹が「ノルウエイの森」を執筆したのはギリシャ・ミコノス島である事はよく知られている。 彼がミコノス島へ長期滞在する当たり頭を痛めたことがあった。 長年愛しんで来た二匹の愛猫の存在だ。 一匹は直ぐに引き取り手が付いたがもう一匹の身元引き受け人が中々見付からなかった。 村上春樹は半ば強引に講談社のT氏に引き受けて貰った。 その間に書き上げた「ノルウエイの森」は大ベストセラーに成った。 幾分かの猫の功が有ったに違いない、彼はその猫を「福猫」と呼んだ。 その福猫がT氏の元に預けられたのが12歳の時、以後、猫好きのT氏一家に可愛がられ9年後に21歳で長寿を全うした。
その長寿猫に捧げられたのが「村上朝日堂はいかに鍛えられたか」である。


拍手[0回]

PR
【2011/11/13 16:55 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<猫と竹内栖鳳 | ホーム | アルザスの猫>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>